健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

めまいの治し方・予防方法

めまいの治し方で重要なのは、先ず原因を見極めることです。めまいが起きたときの対処と適切な診断治療です。日常生活でのめまいの予防も大切です。一般的に、めまいは精神的ストレスが引き金になり、肉体的疲労ストレスがそれを増幅する傾向にありますから、めまいを予防したり改善するには日常生活を見直すことがめまい予防改善の第一歩になります。

めまいの治し方・予防の基本は日常生活を見直して改善することです。

嘔吐を伴う激しいめまいであっても、手足の痺れなどがなければ一先ず安心ですが、できるだけ早めに耳鼻科などの病院で診察を受けることをおすすめします。

激しい頭痛・手足に力が入らない・舌がもつれるなどの症状もあるめまいならば、できるだけ早急に救急病院を受診してください。

めまいが起きたときの対処方法

安静にします。
めまい症状に手足の痺れ麻痺・激しい頭痛や胸部痛・舌のもつれがあるようならば命に関わると考えて緊急の対応が必要になります。めまいが起きたら、手足の痺れ麻痺・激しい頭痛などがないか先ず確認してください。それらの症状が認められたら、慌てずに救急病院を受診してください。
そうでなければ、めまいが軽減するまで安静にします。めまい発作時は光・音・振動・頭の動きが刺激になってしまいますから、明るすぎない静かな場所で楽な姿勢で安静にします。

慌てず気持ちを落ち着かせます。
不安がめまいを悪化させることがあります。めまいが起こっても慌てずに冷静を保ちます。めまいを起こしている本人だけでなく、周りの人も落ち着いて行動しましょう。

内服薬の服用
めまい止めの薬を既に処方されている場合は、医師に指示された方法で服用します。

日常生活でのめまいの予防対策

規則正しい生活リズム
生活リズムの乱れやストレスの蓄積でめまいが起こりやすくなります。

規則正しい食事
規則正しい食事は生活リズムを整えるのに役立ちます。栄養バランスも大切です。栄養バランスの崩れは血行不良の原因になります。水分や塩分について医師の指導があるならば厳守です。

お酒・コーヒーは控えめに
お酒は脳の機能低下に繋がりめまい(眩暈)やふらつきを悪化させることがありますし、お酒の飲みすぎは生活リズムを乱してしまいます。コーヒーの飲みすぎは、コーヒーに含まれるカフェインの作用で熟睡の妨げになります。

タバコは控えめに、できれば禁煙
タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させて血液循環を悪くしますから、めまいが起こりやすくなります。

十分な睡眠
睡眠を十分にとりましょう。同じ時間に就寝起床するようにして睡眠不足が続かないようにします。就寝起床時間を決めることは生活のリズムを整えます。

ストレスをためない
ストレス原因を減らして、気分転換ができる工夫をしてストレスを軽減しましょう。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事