健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

めまいの治療と薬

めまいの治療は、薬物治療、手術などの外科的治療、理学療法、平衡訓練などがあります。めまいを引き起こす病気は様々ですので、診断結果をもとに、原因疾患の症状に応じた治療になります。例えば、メニエール病のめまい止めの薬は、症状がひどい急性期や治まっている慢性期に服用する薬など、症状にあった薬が治療薬として処方されます。

めまいの治療は、基本的にはめまい止めの薬を飲みながら外来通院で様子を見ます。日常生活の中では、平衡機能訓練(めまい体操)をしたり、めまいを発症するキッカケや症状を増悪させるストレスを極力避けるようにします。また、塩分控えめ・禁煙・規則正しい生活・十分な睡眠を心掛けます。診察や簡易検査で鑑別診断がつかないければ専門的検査が必要になります。

めまいの治療

薬物治療
めまいが起こると、めまい症状以外の吐き気・嘔吐などもあったり、不安がめまいを悪化させたりすることがあります。それらの症状に応じて抗めまい薬・循環改善薬・抗不安薬(精神安定剤)・浸透圧利尿薬・ステロイド薬・ビタミン剤などの薬が処方されます。薬の服用が難しい場合は注射や点滴をすることもあります。

主に内耳障害やメニエール病のめまい(眩暈)では、内耳の血流を良くしたりリンパ液を正常化してめまいの症状を改善する薬成分として、メシル酸ベタヒスチン・塩酸ジフェニドール・ATP・カリジノゲナーゼなどがあります。副作用のある薬もありますから副作用が現われたときは速やかに医師に相談することが大切です。また、他病気の治療薬でめまいを含む副作用のある薬もありますから、副作用が出た場合は速やかに医師に知らせましょう。

吐き気を伴うような回転性のめまいの場合は、市販薬(乗り物酔い止めの薬)がめまいや他の不快な症状を和らげてくれることがあります。ただ、単なるめまいと放置せずに、慢性化する前に早めに病院で診断してもらうことが大切です。治療が遅れることで、治りにくくなったり、難聴などの後遺症が残ることもあるからです。

理学療法
めまいで頻度の高い、後半規管障害である良性発作性頭位めまい症(BPPV)では、エプレイ法(Epley)・パーンズ法(Parnes)セモン法(Semont)などの理学療法が効果があるといわれています。1回手技で半数以上が完治するといわれています。座ったり横になったり頭を傾けたりして、半規管内の耳石を移動させて元のもとの卵形嚢に戻したり、耳石を拡散させるなどします。

受診時に眼振が認められない・頭位変換眼振検査ができない場合は、ブラント・ダロフ法(Brandt-Daroff)が行われることがあります。この療法は他理学療法ほどの劇的効果は期待できませんが、1回手技で治癒しないケースでは有用と考えられています。

セモン法とブラント・ダロフ法は習得することで自宅でも行うことができる理学療法です。

水平半規管型の良性発作性頭位めまい症では、レンパート法(Lempert)という理学療法が行われることがあり、ブラント・ダロフ法もある程度の効果が期待されます。ただ、理学療法の治療結果で、再発を繰り返したり治りにくいというケースもあり、今後の課題になっています。

平行訓練
平行訓練は、体のバランス感覚を取り戻したり、内耳機能の回復や鍛えるために、眼を動かしたり、頭を動かしたりしするめまい体操です。

外科的治療(手術など)
薬ではめまいが改善しない・めまいが頻繁に起こるなど日常生活に支障がある場合に外科的治療が検討されます。外科的治療は、比較的軽い治療(耳に薬を注入するなど)から、原因になっている神経を手術によって取り除く治療まであります。脳梗塞や脳出血などの病気でめまいが起こっている場合は、脳外科での治療になります。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事