健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

めまいの検査

めまいの検査は問診による診察の後に必要に応じて行われ、問診とあわせてめまいの原因を診断します。めまいの検査は眼振検査・体平衡検査・聴力検査・画像検査(CT・MRI)・温度刺激検査などで、簡単な検査から医療機器を使用するめまいの検査があります。めまいの検査は初診時だけでなく病気の経過観察目的にも行われます。医療施設によって検査の流れは異なるようです。

問診でめまいの原因を推定し検査方法が決まります。詳しい症状(めまいがいつ起こって、どのようなめまい症状で、どのくらいめまいが続いて、他にどのような症状が現われたかなど)や生活環境について問われます。
問診時に正確にめまいの症状を医師に伝えられるようメモ程度でもよいので持参しましょう。慌てなくてもよいですし、言いそびれを避けることができます。

めまいの検査では意図的にめまい(眩暈)を引き起こす検査もあります。乗り物酔いをしやすい場合は問診時に伝えておきましょう。検査中に気分が悪くなったらすぐに伝えることも大切です。着替えがしやすい服装・靴が望ましく、化粧やアクセサリーは避けましょう。

めまいの検査

メニエール病が疑われる場合、メニエール病の原因とされる内リンパ水腫を確認するため、利尿薬投与前後に聴力検査や眼振検査を行うことがあります。脳の異常によるめまい(眩暈)かどうかを調べるために画像検査(CT・MRI)や、神経症状の確認をする検査などを行うこともあります。

聴力検査
めまいの原因が耳の異常かどうかを調べる検査です。低音・高音など音の聞こえるレベルをチェックします。

眼振検査
めまいと眼球の動きは密接な関係にあるため、眼球の動きを観察する検査をします。注視眼振検査・非注視眼振検査・視運動性眼振検査・視標追跡検査・回転刺激検査があり、物を見つめない状態・見つめた状態・頭の位置を変えた状態などで眼振を観察します。特殊メガネや電気眼振計検査器を用いたり、赤外線CCDカメラを用いることもあります。

平衡機能検査
体の平衡機能(体のふらつき)の程度を観察する検査です。直立検査・足踏み検査・歩行検査・書字検査・重心動揺検査などがあります。

温度刺激検査
内耳に障害があるかどうかの検査です。耳に冷たい水かぬるま湯を入れて耳を刺激して、眼振やめまい(眩暈)が起こるかどうかを観察する検査です。温度刺激検査では、一時的に激しいめまいを起こすことがあります。

画像検査(CT・MRI)
めまいの原因が脳の異常かどうかを調べる検査です。脳梗塞・脳出血・脳腫瘍などの有無を確認します。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事