健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

良性発作性頭位めまい症の原因治療

良性発作性頭位めまい症は耳が原因で起きるめまい(眩暈)の中で最も多いめまい(眩暈)です。良性発作性頭位めまい症の症状は、頭をある方向に動かしたときに起きる誘発性のめまいで、回転性めまいが特徴で、時に強い吐き気を伴いますが、難聴や耳鳴りは伴いません。

良性発作性頭位めまい症の原因は耳石器の中のはがれた耳石とされています。良性発作性頭位めまい症の治療に浮遊耳石置換法(エプリー法)と呼ばれる理学療法があります。

良性発作性頭位めまい症の症状の原因

良性発作性頭位めまい症が起きるキッカケは人によって違いますが、寝返りをうつ・振り向く・ベットから起き上がるなど頭をある方向に動かしたときにグルグルまわるような回転性めまいが特徴で、眼振や吐き気が見られますが、難聴・耳鳴りはありません。
良性発作性頭位めまい症の症状は通常1分以内で治まります。

良性発作性頭位めまい症の原因は、浮遊耳石(耳石器の中のはがれた耳石)が三半規管に入り込むことでリンパ液の流れを乱すことによることが多く、はがれた耳石が三半規管内に沈着することでも良性発作性頭位めまい症が引き起こされるといわれています。
何をしていなくとも耳石がはがれることもありますし、頭をうった衝撃で耳石がはがれることもあります。耳石が半規管からなくなればめまい症状は起こらなくなります。

三半規管は前半規管・水平規管・後良規管で構成されています。構造上、耳石が前半規管から入り込む可能性は低く、良性発作性頭位めまい症は、三半規管の後半規管に病変がある場合と、強い吐き気を伴う水平器官に病変がある場合に大別されます。両方共に回転性めまいで眼振が観察されます。

良性発作性頭位めまい症の治療

良性発作性頭位めまい症の治療はめまい止めの薬や循環改善薬などによる薬物治療のほかに、耳石を半規管から追い出す浮遊耳石置換法(エプリー法)と呼ばれる理学的治療方法があります。
遊耳石置換法(エプリー法)によって、良性発作性頭位めまい症の約80%以上の患者で薬を使用せずとも治るようです。遊耳石置換法(エプリー法)は家庭で1人でも実施できる治療方法ですが、正しい遊耳石置換法(エプリー法)の実施方法については耳鼻咽喉科に相談するのがよいです。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事