健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

めまい症状のある耳の病気

めまい(眩暈)の他に耳鳴り・難聴・耳閉感があるならば、耳の病気がめまいの原因になっていることが多く、回転性めまいの多くが耳の病気が原因といわれています。メニエール病は、めまい症状を伴う代表的な耳の病気として知られています。前庭神経炎、中耳炎、突発性難聴、聴神経腫瘍でもめまい症状が現われます。病気の鑑別と早期治療が大切です。

内耳の病気が伴うめまい症状のメカニズム

メニエール病をはじめ、前庭神経炎、中耳炎は、めまい症状を伴う内耳の病気です。内耳には平衡機能を司る前提神経(耳石器や三半規管から脳に体の位置・運動方向などの情報を伝える神経)があるため、内耳の病気になると平衡感覚異常によるめまい(眩暈)が現れます。

内耳の中の前庭神経は間脳を介して眼を動かす神経・手足を動かす神経・自律神経にもつながっていますから、めまい(眩暈)・ふらつき・眼振・吐き気・冷や汗・動悸などの症状が現われます。そして、間脳には嘔吐中枢がありますから、めまいが起きているときは吐き気を伴うことがめずらしくありません。
また、実際に回転性めまい発作時に眼振とよばれる眼球が揺れ動くのが観察されます。
これら症状はめまいの原因である病気の種類や進行レベルなどによって程度が違います。

めまいを伴う耳の病気の症状原因治療

めまいを伴う耳の病気の場合は、メニエール病、前庭神経炎、中耳炎、聴神経腫瘍など、何の病気が原因かを突き止めて治療をすることになります。

メニエール病
メニエール病は女性に多く、メニエール病の症状は主に耳鳴り・難聴・耳閉感・吐き気を伴う回転性めまいで、めまい発作を繰り返す度に聴力が低下していきます。非回転性めまいのケースもあります。
メニエール病の原因は、内耳の内リンパ液が増えすぎるためといわれ、過労・ストレス・睡眠不足、塩分の摂り過ぎも原因ともいわれています。
早期治療が大切です。メニエール病の治療は主に薬物療法です。

前庭神経炎
前庭神経炎とは、突然の強い吐き気を伴う激しい回転性めまい発作で発症する病気です。前庭神経炎の症状の激しいめまいは数日で軽快して軽度のめまい感が続きますが、前庭神経炎では耳鳴りや難聴は殆どないとはないとされています。
ただし、前庭神経炎の原因は、風邪などのウィルス感染説や、前庭につながる血管の閉塞説など諸説あるようですし、めまい(眩暈)に聴力障害を伴わない前庭機能障害を広義の前庭神経炎という医師も存在するようで、前庭神経炎と診断された場合は経過を見ることが大切のようです。
前庭神経炎の治療は主に薬物療法です。

中耳炎
中耳炎は急性化膿性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎に大別されます。中耳炎の症状は、耳垂・耳漏・難聴・耳鳴り・耳痛・めまい(眩暈)などですが、中耳炎の種類によって異なります。炎症が内耳に拡がるとめまい症状が起きます。
中耳炎の種類によって治療方法に違いがあります。

突発性難聴
突発性難聴とは、突然、耳の聞こえが悪くなる病気です。突発性難聴の原因は解明に至っていませんが、疲労・睡眠不足・ストレスなどが原因で内耳機能が低下するためと考えられており、治療は薬物治療で、安静が必要になります。
突発性難聴のめまい症状は回転性めまい・非回転性めまいの両方がありますが、難聴だけでめまい症状を伴わない突発性難聴も約半数あります。

聴神経腫瘍
聴神経腫瘍とは、聴神経に腫瘍(多くは良性)ができる病気です。聴神経腫瘍の症状は、軽い非回転性めまいが多く、耳鳴り・難聴・耳閉感です。聴神経腫瘍の症状は徐々に進行し、腫瘍が大きくなった場合は手術が必要になります。初期の聴神経腫瘍は前庭神経炎と診断されることもあるようです。
聴神経腫瘍の治療は耳鼻咽喉科か脳神経外科になります。

※耳鳴りや難聴を伴わないめまい症状がある病気に良性発作性頭位めまい症があります。めまい症状を伴う病気で一番多いのが良性発作性頭位めまい症です。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事