健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

めまいの原因

めまいの原因はさまざまで、耳・眼・脳・内科的病気・心の病気など心身の病気やケガや薬の副作用であったり、生活習慣・ストレス・年齢だったりします。
めまいの原因によって治療方法も違います。めまいの症状だけでなく他の症状もある時は重篤な病気が隠れている可能性がありますから、病院で検査を受けることをおすすめします。

めまい(眩暈)自体は病気ではなく症状です。原因があってめまいの症状が現われます。ただし、めまいの原因が特定できない原因不明のめまいが多いともいわれています。めまいの症状の重さと病気の重さは必ずしも一致しませんし、治療が必要なめまい(眩暈)や、救急治療が必要なめまい(眩暈)があることも事実で、単なるめまい(眩暈)と片付けられません。

めまいの原因は様々

耳(平衡感覚の異常)
耳がめまいの原因になっている場合では、三半規管(体のバランスを司る器官)への血流が悪いことで起きている回転性めまい(眩暈)が最も多く、中耳炎の病気経験者によく見られ、メニエール病が代表的な病気です。メニエール病は発作的な吐き気や耳鳴りを伴うめまいの症状を繰り返します。

脳(脳の病気障害)
いわゆる脳卒中は、脳の血管が詰まる脳梗塞(脳血栓症と脳塞栓症)と、脳の血管が破れる脳出血・くも膜下出血の病気の総称です。脳の病気がめまいの原因になっている場合は、前触れとして体のふらつき・立ちくらみ・頭が後方にひっぱられるようなめまい(眩暈)を訴えることが多いようです。脳腫瘍・脳出血・くも膜下出血のめまいの大部分が頭痛や吐き気を伴い、くも膜下出血を除く脳卒中によるめまい(眩暈)の殆どが言語障害や半身麻痺などを伴います。脳の病気が重症の場合は救急治療が必要です。

内科的病気
内科的病気がめまいの原因になっている場合は、先ず何の病気によるものかどうかを突き止めなければなりません。めまい(眩暈)を引き起こす内科的病気には貧血・糖尿病・不整脈・動脈硬化・低血圧があげられます。

自律神経の異常
たとえば、血管運動神経(自律神経の一つ)に異常があると、血液の調節機能がうまく働かないために、立ち上がろうとしたときに一時的に脳が血液が不足して、立ちくらみとよばれるフワーとしためまいの症状が起きます。これを起立性低血圧と呼びます。起立性低血圧は低血圧の人に起きやすいといわれています。

心の病気
うつ状態によるめまいのメカニズムはまだ詳しく解明されていないようです。仮面うつ病(正式な医学名称ではありません)は、うつ(鬱)が身体的症状として現われる状態で、その症状の中にめまい(眩暈)が含まれています。

薬の副作用
病気治療で処方される治療薬の副作用でめまいを起こすこともあります。代表的な「ストレプトマイシン」と呼ばれる結核治療に使われる薬は、めまい症状だけではなく難聴を引き起こすことも多く、「ストマイ難聴」と呼ばれています。その他、一部の抗がん剤や抗うつ剤の薬がめまい症状を引き起こすもことがあります。病気治療薬の服用中にめまいなどの副作用が現れたら、すぐに医師に相談することが大切です。また、自分の判断で薬の服用を止めたり続けたり、量を変えたりするのは危険です。

年齢
年をとると誰でもめまい(眩暈)や立ちくらみを感じやすくなります。年齢を重ねるにつれて、平衡感覚を司る器官の働き・筋力・視力は弱くなり、血圧の調節機能などにも乱れが起きやすくなるためです。動脈硬化・高血圧・糖尿病などの症状が進行していれば、めまい(眩暈)のリスクが高まります。

生活習慣
生活習慣の乱れがめまいの原因になっていることがあります。疲労が重なると脳・内耳の働きが弱くなってめまい(眩暈)が起きやすくなります。睡眠不足でも自律神経の乱れてめまい(眩暈)が起きやすくなります。もちろん、偏った食生活もあります。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事