健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

めまいのメカニズム

通常は脳が目・耳・筋肉などからの情報を総合判断することで、姿勢の維持や運動をしたりできるのですが、一つの情報が他の情報とかけ離れていたり極端だったりすると、脳は混乱して判断できなくなりめまいの症状が現われます。これがめまいのメカニズムです。
また脳に異常があれば判断自体が難しくなってめまい(眩暈)の症状が現われたりします。

めまい(眩暈)の根っこに治療が必要な病気があったり、必ずしもめまいの症状の重さ=病気の重さとはいえず、重篤な病気の前触れのこともありますから、単なるめまい(眩暈)と軽んずることはできません。
めまいを感じるならば、病院で検査をうけることをおすすめします。

めまいを専門に診るめまい外来を設置している病院もあります。原因が特定できないめまい(眩暈)が多いといわれています。いろいろな科を受診しても原因に辿り着けないなら、めまいの専門家に診てもらってはいかがでしょう。

めまいが起こるメカニズム

めまいのメカニズムは、脳が「前庭感覚=内耳」「視覚=目」「深部感覚=筋肉や関節」の3つの情報がかみ合わないことでめまいの症状が起きるとされています。

例えば、めまいの原因が耳にある場合、めまいのメカニズムはどうなっているのでしょう?
内耳にある平衡器(前庭器)と呼ばれる三半規管と耳石器があります。三半規管が回転運動を、耳石器が頭の傾きと加速度をそれぞれ感知(前庭感覚)しています。ここに何かしらの異常が生じて誤った情報が小脳・脳幹に伝達されると、他の視覚や筋肉・関節などの感覚と一致しません。

すると、誤った情報に基づいた反射が取られてしまい、周囲も自分も動いていないのにぐるぐる回っているように感じられる「めまい」の症状が現われます。

だだし、これらの情報に少しくらい食い違いがあっても脳が補正してくれるので、通常はめまいの症状は起きません。

ところが、心身の疲労やストレスで補正機能が働かずに平衡感覚に狂いが生じてめまいの症状が現われたりします。めまいの原因が心身の病気が原因というよりも、実際には心身のストレスで調子を崩していることが原因で起きていることのほうが多いようです。

心身の異常や病気など様々なめまいの原因がめまいの症状を引き起こす、というメカニズムがあるため、めまいの症状に関連する科は耳鼻科・脳外科・神経内科・眼科など広範囲になります。

 - めまいの原因治療

PC用

PC用

  関連記事