健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

危険な頭痛と病気

危険な頭痛は脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血などの病気による頭痛です。慢性硬膜下血腫は頭部を打撲してから数ヶ月経ってから起きるもので、頭痛を伴います。頭痛持ちでない人が、急の激しい頭痛や、頭痛の他に吐き気・ろれつが回らない・体の麻痺・目が見えないなどの症状を伴う場合は、危険な頭痛をともなう病気と考えられます。早急に病院で診てもらうのがよいです。

危険な頭痛とは、経験したことのないような頭痛・突然の強烈な頭痛・耐えられないほどの強烈な頭痛・痛みが徐々に激しくなっていく頭痛・頭を動かしたりいきんだりすると痛みがひどくなる頭痛です。
頭痛に伴って吐き気や手足の麻痺・言語障害など神経や精神の異常などの症状がみられるならば緊急に病院での治療が必要とされる事態の病気と考えられます。

慢性頭痛(緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛)でいわゆる頭痛持ちの人でも、いつもと違う頭痛や他症状がある場合は自己判断せずに病院で診てもらうことが重要です。

頭痛症状のある病気

病気が頭痛症状を伴うことがありますが、この頭痛を症候性頭痛とよびます。症候性頭痛の中には生命に関わる重篤な病気が潜んでいることがありますので頭痛を軽んじてはいけません。病気によって治療方法が異なりますから、それぞれの病気に対する適切な治療が望まれます。

  • クモ膜下出血(激しい頭痛が突然起きます。前兆があることもあります。 )
  • 脳卒中
  • 脳腫瘍など(頭痛が徐々に激しくなります。)
  • 脳動脈硬化症
  • 脳動脈瘤・静脈瘤、その他の脳血管の障害による病気
  • 脳神経系(脳梅毒など)の病気や異常障害の症状
  • 高血圧症
  • 三叉神経痛
  • 急性慢性鼻炎や蓄膿症
  • 気管支炎・咽頭炎・扁桃炎
  • 中耳炎
  • 風邪
  • 虫歯など化膿症
  • 一酸化炭素中毒
  • 農薬や工業薬品の中毒(水銀・鉛・カドミュウム・有機リン・砒素など)

 - 頭痛の症状治療

PC用

PC用

  関連記事