健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

子供の頭痛

子供の頭痛は風邪によるものが多いのですが、生活習慣や精神的ストレスによる頭痛、シックハウス症候群による頭痛、体質的に片頭痛になりやすい子供もいます。風邪による髄膜炎で頭痛が起きていることもあります。

子供は頭痛をうまく表現できないこともありますから、子供の頭痛は周りの大人が注意することが大切です。子供の頭痛が長い間続くならば、医師に相談しましょう。また、頭痛薬の使用方法にも注意を要することはいうまでもありません。

子どもの頭痛の原因と対処

子供の頭痛の原因が風邪によるものならば、薬や安静にすることで治すことができます。ですが、慢性的な頭痛が続くならば他に頭痛の原因があると考えられますし、頭痛症状のほかに嘔吐・発熱・痺れ・ひきつけなどの症状がある時は早期に医師に相談しましょう。早期の治療で子供を病気から守ることが大人の責任義務です。

大人の頭痛と同様に、運動不足・不良姿勢・テレビやゲームによる眼精疲労など生活習慣が原因で頭痛になっていることもあります。親が片頭痛もちだと子供も片頭痛になりやすいといわれています。

片頭痛は体質的要因に環境的要因が加わって起きるといわれ、偏頭痛のある子供は車酔いする傾向が高いともいわれています。子供の頭痛は体の異常の警告信号ととらえて、子供の頭痛の原因を突き止めて適切な対処・治療をすることが大切です。

子どもの頭痛の薬
子供の頭痛に大人用の頭痛薬を飲ませてはいけません。大人に効果があっても子供には向かない成分を含む薬もあるからです。子供の頭痛には子供用の薬を飲ませましょう。そして、子供に市販薬を飲ませるときは、服用年齢と用法・用量を十分確認しましょう。また、インフルエンザにかかっているときには飲んではいけない頭痛の薬がありますから、医師によく相談することが大切です。

子供の頭痛の原因

  • 風邪(ひどい風邪で髄膜炎を起こして頭痛の症状が現われていることがあります)
  • インフルエンザ
  • 起立性調節障害
  • 頭蓋内出血(頭を打ったときなどにおきます。)
  • 副鼻腔炎
  • 中耳炎
  • 虫歯
  • 目の異常(近視・遠視・乱視など)
  • アレルギー(花粉症や食物アレルギーの症状として頭痛が起きることがあります)
  • 脳腫瘍
  • 精神的ストレス・緊張・疲労

 - 頭痛の症状治療

PC用

PC用

  関連記事