健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

群発頭痛の原因症状と治療

群発頭痛とは、頭痛が起きると1~2時間続くじっとしていられないような激しい頭痛で、1~2ヶ月間にわたって連日のように群発地震のように起こります。20~30代の男性に多い頭痛です。群発頭痛は片頭痛と同じく血管の拡張が原因の頭痛であることから、かつては群発頭痛は片頭痛の仲間とされていました。また、三叉神経痛と間違われることがあります。

群発頭痛の原因

偏頭痛と同じく血管の拡張が原因と考えられていますが、メカニズムは解明されていません。脳の体内時計が関係しており、三叉神経血管系の活性化で内頚動脈に炎症と拡張が起こり、激しい頭痛が起こるのではないかといわれています。

群発頭痛の症状

群発頭痛の症状は、片方の眼、眼の上、こめかみ周辺がえぐられるような激しい痛みで、睡眠中に起きやすく、明け方に頭痛で目を覚ますことも少なくありません。群発頭痛の群発期は年に1~2回、もしくは2~3年に1回で、群発期を過ぎると頭痛は起きなくなります。

群発頭痛が起きているときは、頭痛がする側の目の充血や涙がでたり、鼻が詰まる・鼻水が出る、顔面の汗、瞼が脹れたり下がったりする症状がでることがあります。

群発頭痛と偏頭痛の違い
群発頭痛は男性に多い頭痛です。女性に多いのは片頭痛です。群発頭痛は片頭痛と同じく、血管の拡張が原因で痛む頭痛と考えられていますが、群発頭痛では転げまわるような痛みの症状であるのに対して、片頭痛では身動きが取れないような痛みの症状といわれています。また、群発頭痛では吐き気や嘔吐はあまりみられません。

群発頭痛と三叉神経痛の違い
群発頭痛は三叉神経痛と間違われることがあります。群発頭痛も三叉神経痛も、顔面の片側に激しい痛みが現れ、発作がないときは痛みが全くない点で似ていますが、群発頭痛は目の奥の痛みが1~2時間続くのに対して、三叉神経痛は顔の表面の痛みが1秒~2分間の痛みです。三叉神経痛にはトリガーポイント(痛みを引き起こす部分で、そこを触ったり風が当たったりして頭痛発作をおこします)があるのに対して群発頭痛にはありませんし、群発頭痛に見られる目の症状は三叉神経痛には見られません。三叉神経痛は顔面の痛みを伝える三叉神経の痛みで、群発頭痛は血管の拡張による痛みであるため、治療方法も異なります。

群発頭痛の治療と対処

群発頭痛の治療として、高濃度の酸素吸入やスマトリプタン(イミグラン)の皮下注射が効果的といわれ、群発頭痛が起きにくくする予防薬が病院で処方されます。群発頭痛かもと思うならば、病院の診察を受けましょう。

群発頭痛の予防薬としてワソラン(狭心症の薬)、ステロイド(副腎皮質ホルモン)、リチウム、デパケン(抗てんかん薬)などがありますが、これらの予防薬は病院で処方されます。

群発頭痛の対処法
群発頭痛の発作が起きそうになったら、窓を開けて深呼吸を繰り返すのが良く、痛むところを冷やしたり、鎮痛剤を飲むのが良いといわれています。鎮痛剤や市販の酸素吸入は「ないよりはまし」程度の効果しか望めないようです。群発期は飲酒で頭痛が引き起こされますから群発期の飲酒は厳禁です。入浴後に頭痛発作がおきる場合は、長湯をせずにシャワーですませるなどをして群発頭痛を防ぎます。

 - 頭痛の症状治療

PC用

PC用

  関連記事