健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

いびきの防止対策

いびきの防止対策はあるのでしょうか?いびきの原因を取り除くことのがいびきの改善解消になります。いびきの原因が肥満ならば、ダイエットと適度な運動がいびきの防止対策になります。食生活の改善と適度な運動が「いびきをかかない方法」「いびきを止める方法」となるわけです。肥満解消でいびきが改善解消されることもめずらしくないようです。

いびきの原因になる気道閉塞の原因で先ず挙げられるのが肥満です。外見や体重が標準的であってもいびきをかくことがあります。内臓脂肪型肥満の場合です。内臓脂肪型肥満もいびきの原因になります。痩せていてもいびきとは無縁ではありません。肥満はメタボリックシンドロームの元凶でもあります。

ダイエットと運動で肥満解消をして、いびきもメタボリックシンドロームも解消してしまいましょう。できる事から始めましょう。最初から全てをパーフェクトにやろうとすると長続きしません。特に運動はその傾向にあるようです。生活習慣を見直して肥満解消=いびき解消をしてください。

いびきを防止する対策

食生活の改善
肥満の原因は食べ過ぎです。脂肪や高カロリーの食事で体脂肪が増えるとされていますが、栄養素不足も肥満の原因になります。栄養バランスが悪いと基礎代謝が上手く行われず肥満になりやすい体質になってしまします。栄養バランスのとれた食事が基本です。
肥満になりやすい人は、早食い・不規則な食生活・間食や外食が多いなど食生活の乱れがあります。これらを改善することで上手なダイエットをしてください。
過激なダイエットは健康を害します。ダイエットは健康になるため(肥満解消=いびきを止めるためのもの)の方法であることを忘れてはいけません。

適度な運動
肥満の原因に、食事に続いて運動不足があります。運動不足になると基礎代謝が低下して体脂肪が増えやすくなり、インスリンの分泌も乱れるので脂肪が蓄積しやすい代謝状態になり肥満になりやすくなります。食事制限だけのダイエットは体に負担が掛かることに加えてリバウンドしやすいですから、ダイエットと適度な運動を組み合わせることが肥満防止対策=いびきの防止対策の秘訣です。
過度な運動による疲労はいびきの原因になることがありますから、いびき解消法の運動はあくまでも適度な運動であることです。ウォーキングがおすすめです。運動は苦手という人は、できるだけエレベータではなく階段をつかう、1駅くらいなら歩く、短い距離なら車は使わない、電車に乗ったら座らない、など日常生活の中で意識的に体を動かしてみましょう。

禁煙・アルコールの制限
タバコ(喫煙)は上気道の炎症を引き起こす事があり、その結果上気道が狭くなり、いびきがかきやすくなる可能性があります。適度な飲酒(アルコール)はリラクス効果がありますが、気道を支える筋肉も緩んでしまいます。ナイトキャップ(寝酒)はいびきをかきやすくなります。

疲労・ストレスを避ける
疲労していると上気道の筋肉の緩みがひどくなり舌がのどに落ち込みやすく、いびきをかきやすくなります。疲労やストレスがあると酸素を多く取り込もうとして口呼吸になりやすく、いびきをかきやすくなります。疲労やストレスだけが原因のいびきは一時的ないびきですから、疲労やストレスが解消されれば、いびきもかかなくなります。

 - いびきの原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事