健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

子どものいびきの原因

子どものいびきの原因は大人のいびきとは原大きく異なります。子どものいびきはアデノイド肥大・扁桃肥大・鼻疾患よるもので、原因の中でもアデノイド肥大と扁桃肥大が95%を占めるともいわれています。

睡眠時に、子どものいびきや無呼吸が確認されたら、早めに小児科や耳鼻咽喉科で診察を受けることが望まれます。通常、子どもの睡眠は、スヤスヤ寝息があってもいびきとは無縁です。子どもがいびきをかいている時は、何かしらの原因で気道が狭くなって、いびきをかいていると考えられます。

子どもが起きているときは、鼻呼吸が制限されると意識的に口呼吸をするようになりますが、睡眠時には無意識で鼻呼吸するために、無理な呼吸努力をする結果、睡眠時にいびきだけでなく発汗や体をよく動かすなども見られます。アデノイド肥大や扁桃肥大が、子どものいびきや睡眠時呼吸障害を引き起こしている結果の症状です。

子どものいびきは体の発育に大きな影響を与える可能性があります。

  • 普段よりも日中に眠気があるように見えませんか?
  • 日中に活気がないように見えませんか?
  • 注意散漫に見えませんか?
  • 口を開けて息をしていませんか?
  • なにより、いびきをかいていませんか?

扁桃肥大が原因の子どものいびき

扁桃腺が大きいだけでは病的とはいえませんし、手術の必要もありません。扁桃腺は喉の奥の両側にある丸く見える正式には口蓋扁桃と呼ばれるリンパ腺です。扁桃腺は10歳位になると縮小してきますが、いびきの程度がひどい場合や、扁桃腺炎を頻繁に繰り返す場合は手術を検討することがあります。

アデノイド肥大が原因の子どものいびき

アデノイド肥大とは、軟口蓋の裏側で、鼻の突き当たりにあるアデノイドとよばれるリンパ組織が肥大している状態で、肥大に伴って様々な症状が現わる場合をアデノイド増殖症といいます。通常、アデノイドは3歳頃から肥大し始めて6歳頃のピークの後は次第に萎縮します。

アデノイド肥大は小児科ではなく耳鼻咽喉科が診療科になります。

アデノイド肥大による症状
アデノイドが大きすぎると鼻の奥が詰まったような状態になり、いびきをかくようになり、普段も口呼吸(口を開けて呼吸すること)が多く、歯並びの悪さ・アデノイド顔貌(口呼吸による、しまりのないような悲しそうな顔つき)が現れます。更に、いびきに加えて睡眠中に呼吸が止まったり、夜の眠りが浅くなるために日中に活気がなかったりします。副鼻腔炎(蓄膿症)や中耳炎を併発していることも少なからずあります。中耳と咽頭は耳管という管で繋がっていますから、アデノイド肥大により、耳の奥への空気の通りが悪くなって難聴になったり、滲出性中耳炎になりやすくなります。

 - いびきの原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事