健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

睡眠時無呼吸症候群の検査治療

いびきを伴う閉塞型睡眠時無呼吸症候群の治療は、いくつかの検査がありますが、標準検査である睡眠時ポリグラフ検査の後に、原因や症状の程度によって治療方針が決められます。治療には、生活習慣の改善指導に始まり、原因を取り除く外科的治療(手術)や歯科装置(マウスピース)などがあり、症状がある程度以上になると、CPAP療法(シーパップ療法)という治療が一般的です。

特徴的ないびきと無呼吸をを伴う閉塞型睡眠時無呼吸症候群は治療が必要です。また、ひどいいびき症の場合は適切な治療が必要になります。治療しないで放っておくと、循環器疾患や脳血管障害などの病気を合併したり重症化させるリスクが高くなります。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群の症状は、傍目にも苦しそうないびきと無呼吸が認められますし、起床時に疲労感があったり午前中から居眠りをするようならば、病院で検査を受けて適切な治療を受けることをおすすめします。

睡眠時呼吸障害を放っておくと

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の多くが閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)です。閉塞型睡眠時無呼吸症候群の症状は主に、苦しそうな大きないびき・無呼吸・日中の強い眠気ですが、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の放置はさまざまな合併症を引き起こしたり、合併症が重症化しやすくなることが明らかになっています。合併症には、高血圧症・肺高血圧症・狭心症・心筋梗塞などの循環器の疾患や、脳卒中(脳梗塞・脳出血)の脳血管障害があります。また、脂質代謝や糖代謝に悪影響を及ぼして、肥満を助長し、糖尿病を悪化させるといわれています。

睡眠時呼吸障害を確定診断する検査

睡眠時呼吸障害の確定診断の標準的な検査は、入院による終夜の睡眠時ポリグラフ検査(PSG=ポリソムノグラフィー)です。他の検査として、睡眠時ポリグラフ検査(PSG)の簡略化した簡易型PSG、鼻腔・咽喉頭のファイバースコープ、上咽頭側面レントゲン写真、鼻腔通気度検査、動脈血酸素飽和度記録などがあります。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

成人のいびきや睡眠時呼吸障害の原因は複数の原因が重なっていることが多いため、単独治療では効果が見られないことも少なからず起こり、幾つかの治療法を組み合わせた治療法が行われることも多いようです。
軽症の閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)ならば生活指導で経過観察をしたり、軽症~中等症では口腔内装置(マウスピース)をしたりしますが、中等症~重症ではCPAP療法(シーパップ療法)が一般的です。

シーパップ療法
持続陽圧気道圧療法=CPAP療法(シーパップ療法)は、鼻マスクをつけて機械で空気を送り込むことで一定の圧をかけて、狭くなった気道を広げる治療法です。CPAP療法(シーパップ療法)は、健康保険が適用されます。鼻閉(鼻づまり)が強いと効果がないといわれています。

マウスピースによる治療
マウスピース型の歯科装具(ORAP)は、マウスピース(スリープスプリント)で下顎を前方へ変位させて上気道を拡大する治療法です。マウスピース(スリープスプリント)の作成は口腔外科や歯科で扱いますが、この治療は新しい治療法で一般的ではないため、全ての病院や歯科医院で作成できる状況には至っていませんし、健康保険が適用されません。

外科的治療法(手術)
外科的治療法は根治的な治療です。扁桃肥大などで気道を狭めている場合は、口蓋扁桃摘出手術や咽頭形成術の手術が行われます。鼻閉(鼻づまり)が強く口呼吸になっている場合は、いびきや無呼吸の悪化を止めるために、鼻内手術やトリクロール酢酸による鼻粘膜焼灼が行われることがあります。

生活習慣の改善
大人のいびきや睡眠時呼吸障害は、幾つかの原因があって起こっていることが多く、生活習慣が大きく関係しているといわれています。減量と肥満予防、禁煙、飲酒の制限(筋肉を弛緩させる寝酒は逆効果です)、側臥位睡眠(横向きの姿勢で寝る)などで生活習慣の改善をします。

薬物療法
軽症の睡眠時無呼吸症候群では薬物療法が試みられることもあります。呼吸中枢を刺激する作用のある薬です。ですが、その効果には限界があるようです。女性の場合、閉経後にいびきをかくようになることがあります。閉経後のいびきの原因は女性ホルモンの分泌が低下することで筋肉に張りがなくなるためで、ホルモン補充療法が効果的なケースもあるようです。

※睡眠時無呼吸症候群の治療において、子どもと大人では治療法や治療方針が異なります。子どもと大人の睡眠時無呼吸症候群の原因が異なるためです。

 - いびきの原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事