健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

いびきのメカニズム

いびきのメカニズムは、呼吸のメカニズムと深く関係しています。睡眠時に上気道(鼻腔から喉頭までの空気の通り道)が何かしらの原因で狭められることで、呼吸をするときに空気抵抗が大きくなって、上気道の粘膜が振動して振動音を発生させます。これが、いびきのメカニズムです。いびきの原因が異なっているとしても、メカニズムは同じです。

いびきの原因には、肥満・疲労・ストレス・飲酒(アルコール)・病気・薬・老化などが挙げられますが、多くの場合、生活習慣を改めることがいびき予防対策になります。
ただし、いびきの音が大きく且つ呼吸が止まるような重症のいびきならば、いびき外来や耳鼻咽喉科などで専門医による検査をうけて適切な治療を受けることをおすすめします。

なぜいびきをかくのか

睡眠時に発生する粘膜や分泌液の振動音がいびきです。睡眠時のイビキの原因や音の大きさ強さには個人差がありますが、いびきのメカニズムは同じです。睡眠時だけにイビキをかきます。睡眠時以外ではいびきはかきません。何故でしょう?睡眠時には体の筋肉が緩むのと同様に上気道を支える筋肉も緩みます。すると、もともと上気道は狭い器官なのですが、その粘膜や分泌物に空気抵抗により振動して振動音(=いびき)を発してしまいます。

いびきの音と弊害

睡眠中のスースー・スヤスヤといった寝息を立てることがありますが、これは自然的な呼吸音で、この程度ならば健康に支障はありません。また、一時的ないびきや、軽いいびきの音の程度ならばさほど心配する必要はありません。ですが、音が大きいうえに毎晩いびきかいていたり、呼吸が止まってしまうなどが続くような場合には注意が必要です。

最も振動音を発しやすい部分は口蓋垂(のどちんこ)とその上の軟口蓋の部分で、喉頭(のどぼとけ)や舌の付け根でも振動音を発します。基本的に息を吸うときにいびきをかきますが、息を吐いたときにもいびきをかくこともあります。

いびきをかいているということは呼吸量も少ないですから、その時間が長いほど脳への酸素補給が阻害されて脳への悪い影響が現れるリスクがたかまります。いびきの弊害として現れる症状には、睡眠不足・倦怠感・起床時の頭痛・記憶障害・判断力の低下などがあります。

危ないいびきの種類

いびきの種類は症状によって分類されます。単純いびき症・上気道抵抗症候群・閉塞型睡眠時無呼吸症候群(睡眠時無呼吸症候群=SAS)に大別されます。酷いいびきになるほど睡眠障害の症状の程度も大きくなると考えられます。

いびきそのものの心臓にかける負担は大きいといわれ、往復のいびきは疾患を伴うことが多く、眠っていても逆に疲労が溜まってしまいます。大きいいびきの途中で呼吸が止まる無呼吸症(睡眠時無呼吸症候群=SAS)による内臓への影響が指摘されています。

 - いびきの原因治療対策

PC用

PC用

  関連記事