健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

不眠症の薬

不眠症の薬といえば先ず思い浮かべるのは睡眠薬です。不眠を改善する薬として、病院で処方される治療薬としての睡眠薬や、睡眠改善薬と呼ばれる市販薬があります。病院の睡眠薬(睡眠障害改善薬)の多くはベンゾジアゼピン系で、市販の睡眠改善薬は抗ヒスタミン剤の塩酸ジフェンヒドラミンや生薬配合のものです。

睡眠薬の効果

睡眠薬の効果は眠りの深さではなく作用時間の長さによるもので、症状によって薬が選択されます。かつての睡眠薬はバルビツール酸系でしたが、現在主流になっている睡眠薬はベンゾジアゼピン系で、中脳に作用して、ストレス・不安・緊張などの情動や、痛み・暑さなどの感覚の刺激が覚醒や睡眠をコントロールする中枢神経の活動を抑制するものです。もともと安定剤として開発された薬の中で睡眠効果の高いものが睡眠薬に分類され、あまり副作用がないとされています。
最近の睡眠薬が安全といっても全く副作用のない薬はありませんから、長期の睡眠薬の服用はよくないと考えるのが妥当です。

睡眠薬服用の注意

急性のストレスなどで不眠になって早く改善をしたいときの睡眠薬の使用は有効といえますが、慢性不眠では睡眠薬を長期間使うことで睡眠薬に対する依存性が高まり睡眠薬の使用を止めるのが難しくなるといわれています。また長期的な睡眠薬の服用は、耐性という同じ効果を得るために量を増やさなければならない性質があるため、睡眠薬の服用は短期的な不眠症状の改善を目的にするのがよいようです。
睡眠薬の服用時にアルコール類を併用すると、呼吸や心拍に異常がでたり精神錯乱を引き起こしてしまうこともあるそうです。症状が軽くなったからと自分の勝手な判断で睡眠薬の服用を中止したり、不眠症が改善しないからと飲む量を増やしたりするのは逆効果です。睡眠薬の副作用がでたり、症状に改善がみられない場合は必ず医師に相談することも大切です。

市販の睡眠改善薬

市販の睡眠改善薬に、抗ヒスタミン剤の塩酸ジフェンヒドラミン配合の薬があります。この成分はもともとアレルギー症状を抑える目的で広く使われていますが、眠気をもよおす副作用があり、この副作用を応用しています。一時的に寝付きが悪かったり眠りが浅いなどの不眠症状の緩和に効果があるとされています。生薬配合の漢方薬は、心身の疲れによる乱れた睡眠リズムを心身のバランスを整えることを目的とした生薬成分でじっくり不眠を治していきます。

 - 不眠症の改善対策

PC用

PC用

  関連記事