健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

不眠症の治療

不眠症の治療は、睡眠薬(睡眠障害改善薬)を使う治療と使わない治療があります。一過性・短期的な不眠症状であれば不眠症の原因を取り除くことで大きく改善が期待されます。急性ストレスなどで早く不眠症状を改善治療したいときは睡眠薬の使用もよいでしょう。ですが、特に長期の不眠症で悩んでいるならば自己判断せずに専門医に相談し適切な治療を受けることをおすすめします。

睡眠薬を使わない不眠症治療

睡眠薬を使わない治療法としては、高照度光療法・精神療法・リラックス療法・生活指導があります。

高照度光療法
高照度の光を受けることで生体リズム(体内時計)を正常な時間帯に移す治療法です。

精神療法
悩みや精神的ストレスが不眠症の原因になっている場合の治療法です。

リラックス療法
就寝前の自律訓練などでリラックスしている時の脳波がでるようにする治療法です。

生活指導
睡眠環境や生活習慣を改善することで効果を得る治療法です。

睡眠薬を使う不眠症治療

不眠症の治療薬は主に睡眠薬の服用です。ただし、睡眠薬はあくまでも対症療法で、もともとの不眠の原因を取り除くものではありませんから、不眠症状の改善治療には不眠の原因を取り除いたり、生活習慣や睡眠環境を見直して改善することが重要であることを忘れてはいけません。

不眠の症状(入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒)によって薬が使い分けられいます。最近の睡眠薬は安全性が高いベンゾジアゼピン系でほとんど副作用もなく、医師の指示どおりに服用すれば問題ないといわれています。

病院で処方される睡眠薬(睡眠障害改善薬)のほかに、一般用医薬品として抗ヒスタミン剤の塩酸ジフェンヒドラミン配合の睡眠改善薬が市販薬や、生薬配合の漢方薬があります。

 - 不眠症の改善対策

PC用

PC用

  関連記事