健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

爪のお手入れ方法

爪のお手入れをして爪を健康に保ちましょう。女性だけでなく男性も健康的な爪は好印象につながります。爪の切り方や日頃のネイルケアが大切です。特にマニキュア(ネイルカラー)・ネイルアート・ネイルチップをしているなら、爪のお手入れは欠かせません。爪は健康のバロメーターですから、時々爪チェックもしましょう。

爪の切り方

爪切りで爪を切るときは、深爪をしないように指先から1ミリくらい長めに四角く(爪の角を直角に残します)爪を切ります。爪が柔らかくなる入浴後に爪を切るのがよいとされています。爪が割れることが多く二枚爪になっている人は、爪を爪切りではなくヤスリで優しく整えることで爪が割れるのを避けて二枚爪が悪化しないようにします。

日頃のネイルケア

爪も皮膚の一部ですから、スキンケアと同様のケアになります。

爪を清潔に保ちます。

水仕事などの後は、指先の水分を十分に拭き取って、爪や爪の周りにクリームやオイルをつけて保湿します。そして、指先・指の付け根・手のひら全体をマッサージしましょう。

加齢で爪が乾燥し硬くもろくなりますから、スキンケアと同じくネイルケアも大切です。

マニキュアをしているなら

マニキュア(ネイルカラー)・ネイルアート・ネイルチップをしているなら、除光液などで潤いが奪われて乾燥してしまいます。爪の乾燥が進むと、黄色に変色したりザラザラしたりすることがあります。

除光液を使用した後は必ず保湿ケアをして、マニキュア(ネイルカラー)・ネイルアートをしている時にも爪の周りの保湿ケアとマッサージをします。

爪を保護するためのベースコートを塗り、トップコートで長持ちさせ除光液を使う頻度を少なくすることが大切です。爪の根元の甘皮の下の爪を作る爪母という部分がダメージを受けて爪にデコボコができることがありますので、無理な甘皮取りはしないようにします。また、マニキュア(ネイルカラー)を爪に直接塗ると色素が沈着することがありますので、必ずベースコートを塗ります。

ネイルチップをしつづけていることで、爪とネイルチップの間に細菌が繁殖して爪の病気を引き起こすことがありますので、ネイルチップを楽しむ時にはこの点に注意しましょう。

 - 爪の病気と健康

PC用

PC用

  関連記事