健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

爪白癬(爪水虫)の原因症状治療

爪の病気で最も多いのが爪白癬(爪の水虫)です。爪白癬(爪の水虫)は白癬菌が原因の感染症です。爪が水虫になることはあまり知られていないため、爪の異常に気づいていても治療されずに放っておかれることが多いようです。健康な爪はピンク色をしていますが、爪白癬(爪の水虫)になると爪が変色・変形してもろくなります。

足の皮膚に起こるのが足白癬です。爪も皮膚の一部ですから菌が手足の爪に入り込めば、爪白癬(爪の水虫)という爪の病気です。足白癬(足の水虫)を放置した結果、菌が爪に達して爪白癬(爪の水虫)になることが殆どといわれています。

爪白癬(爪の水虫)になると、爪甲が白く濁ったり黄褐色に変色します。症状が進行すると爪の先端部分が分厚く変形します。白癬菌はカビの一種で、爪の主成分であるケラチン(タンパク質)を餌にして増殖します。そして、爪が白癬菌の温床になって体の他の部位や周りの人にうつったりします。

痛みや痒みなどの自覚症状がないために治療されずに放置され、かなり症状が進んでから皮膚科を訪れる人が多いのが現状のようです。若い人より中高年に多く、女性より男性に多いのが特徴です。

放置すると症状が着実に進行して、やがて靴が履きづらい、歩きにくい、厚くなった爪に押されて指が痛いなどの状態になりますし、周りの人にうつす可能性も日増しに高くなっていきます。爪白癬(爪の水虫)は放っておかずに早めの治療をおすすめします。

バスマットやスリッパは白癬菌の格好の棲み家です。爪白癬(爪の水虫)は感染症です。感染が広がらないような注意が必要です。また、切った爪が感染源にならないように、爪を切るときには新聞紙などをひいて飛び散らないようにするなどの対策をしてください。

爪白癬(爪の水虫)の治療法

爪白癬(爪の水虫)の治療には、よく効く薬が開発されています。自分のためにも周りの人にうつさないためにも、完治するまで、しっかり治療してください。

爪白癬(爪の水虫)は硬い爪の内側に発症するため塗り薬では爪の中の白癬菌まで有効成分がとどきません。そのため、内服薬(抗真菌剤)での治療が一般的です。白癬菌がいなくなるまで治療を続けないと再発してしまいます。

一般的な治療法
1日1回の内服を3ヶ月~6ヶ月程度続けます。

パルス療法
パルス療法は薬が爪の中に溜まって服用していない期間も効力を発揮しているのが特徴です。1週間薬を飲んでは3週間休むことを3回繰り返し、計21日薬を飲みます。従来の6ヶ月毎日薬をなまなければならなかったことに比べると治療しやすい方法ともいえます。

 - 爪の病気と健康

PC用

PC用

  関連記事