健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

陥入爪の原因と治療

陥入爪とは爪の縁部分の爪棘(爪のトゲ)が皮膚に食い込んだ状態です。爪を切りすぎて深爪になっていませんか?深爪が陥入爪の最大の原因です。陥入爪がひどくなると皮膚が赤く腫れて出血し、激しい痛みで歩けないこともあります。

深爪が陥入爪の最大の原因ですが、巻き爪と同様に足に合わない靴などによる爪にかかる圧迫も関係しています。陥入爪は巻き爪と混同されがちで、陥入爪は巻き爪を併発していることが多いためと考えられます。陥入爪の場合は巻き爪であることが多いです。陥入爪は足の親指に起こりやすく、トゲのようになった爪の先端(爪棘)がその周囲の皮膚に食い込んで、化膿や出血を繰り返して、痛みで歩けなくなることも少なくありません。

間違った爪の切り方をしていませんか?清潔に保ちたいなどの理由から爪を切りすぎて深爪になっていませんか?さらに、爪の角を斜めに切り込んで、その上むしったりしていませんか?深爪は爪の角にトゲ(爪棘)ができることが多く、陥入爪の原因になります。爪棘(爪のトゲ)が皮膚に刺ささるだけでも痛いのですが、更に細菌感染が加わると激しい痛みになります。

陥入爪の予防は爪の切り方です。深爪をしないことです。指先から1ミリくらい長めに四角く(爪の角を直角に残します)爪を切ります。爪が柔らかくなる入浴後に爪を切るのがよいとされています。そして、陥入爪と巻き爪の原因でもある足に合わない靴をやめることです。

陥入爪の治療方法

深爪が第一原因の陥入爪では、爪棘(爪のトゲ)が爪床の皮膚に刺さって炎症・化膿・出血します。陥入爪が軽度であれば爪の角を切ると一時は傷みがなくなりますが、爪棘を切ることは爪が食い込む場所が移動するだけです。爪が伸びれば痛いので爪を切ります。これを繰り返すことでとより重い陥入爪に進行することがあります。陥入爪が軽度の段階で治療をしましょう。

陥入爪の治療は、陥入爪の症状の程度によって異なります。深刻な陥入爪でない限り、陥入爪は痛くない治療で良くすることが出来るようです。
爪の側面に肉芽組織が盛り上がったりして爪を切らなければならない状態の場合に、爪を部分的に切る手術などが検討されます。

治療法については医師から十分説明をうけましょう。陥入爪の治療を得意とする専門病院が良いと考えられます。

爪を伸ばす治療
爪切りをせずに爪を伸ばします。爪が伸びる過程で痛む時は消毒して抗生物質の軟膏を塗ります。順調に伸びれば治療は完了です。陥入爪による痛みを軽減させるために、柔らかいチューブなどで食い込んだ爪を覆ったり、陥入爪と皮膚の間にガーゼを入れて爪棘(爪のトゲ)が当たらないようにしたりします。また、硝酸銀で肉芽を腐らせたり肉芽を切除することもあります。

爪を切る抜く治療手術
巻き爪と同様の部分的に爪を切除する手術などがあります。全抜爪は正常な形で新しい爪が生えてこないことがあり、その後の治療が難しいといわれています。

 - 爪の病気と健康

PC用

PC用

  関連記事