健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

衣類の工夫で体臭予防

衣類の黄ばみ・汗ジミ・臭いが気になりますか?汗腺や皮脂腺からでた汗・皮脂が衣服について、体臭・加齢臭といわれるニオイが衣服にまでついてしまいます。衣類の着方や素材を工夫して汗対策(体臭予防対策)をしてください。下着は小まめに洗濯をして、スーツなど自分で洗濯が出来ないものはクリーニングに出しましょう。

汗をかきやすい、汗の臭いがこもりやすい着方をしていませんか?

生活臭と体臭・加齢臭の混じった衣類を着続けますか?

衣類の臭いには体臭と生活臭があります。自分では感じなくとも周りの人は臭いと感じているかもしれません。臭覚が鈍って自分だけが体臭・加齢臭のついた衣服の臭いに気づかないでいることもあります。過敏に臭いに反応しすぎるのも考え物ですが、衣服の着方とお手入れは体臭加齢臭予防対策の一環と考えてください。また消臭や抗菌効果のある下着・靴下・シャツなどを使用するのも体臭予防対策になります。

衣類の選び方・着方の工夫

衣類の素材
ポリエステルは疎水性のため肌に汗が残りやすく、綿は吸水性はよいのですが衣類そのものに汗がとどまってしまう傾向があります。絹は保温性が高く吸湿性・放湿性にすぐれています。吸水性と速乾性のある合成繊維や、消臭効果や抗菌効果がある素材もあります。

衣類の着方
汗が蒸発しやすいゆったりした着方をおすすめします。暑い夏・寒い冬ともに衣類の着方のポイントは重ね着です。暑い夏には重ね着をして脱いだり着たりして体温調節がしやすい=汗をかきにくい状態にします。寒い冬は重ね着をすることで衣服と衣服の間に空気層をつくって空気の断熱効果と水の蒸発効果を利用して汗をかきにくい状態にします。

ワキの汗ならば汗わきパット
ワキガ傾向の多汗症の人におすすめです。

衣類のお手入れ

衣類のお手入れをしないと、加齢臭・体臭は体だけでなく衣類からも発するようになります。衣類についた汗の塩分が白く浮き出たり皮脂が酸化して黄ばむ汗ジミは時間が経つとともに取れにくくなります。シミだけでなく臭いまでついてしまいます。特に汚れやすい、首まわり・ワキの下・背中などは気を付けましょう。小まめに洗濯をして、自宅で洗濯ができない衣類はクリーニングに出しましょう。

 - 体臭・加齢臭予防対策

PC用

PC用

  関連記事