健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

汗腺を鍛えて体臭予防

体臭の第一原因の汗。質の良い汗をかくことは体臭予防対策になります。

汗っかき・多汗・大粒の汗をかく人や夏ばてしやすい人は、汗腺の機能が低下しているとも考えられます。この汗は体臭につながります。

無駄な汗が体臭を増幅させます。汗腺を鍛えて良い汗をかく方法があります。

  • 良い汗をかく環境をつくってください。夏は冷房(クーラー)をできるだけ使わずに、暑さに順応しやすく良い汗をかきやすい環境作りをします。冷房病予防にもなります。
  • ウォーキングやストレッチなどの軽い運動で汗をかきます。じんわり汗をかく程度がよいです。
  • 熱い飲物を飲んで汗をかきます。
  • 入浴で汗をかきます。下半身浴(腰湯)、足湯、岩盤浴など。

汗は体外に熱を放出して体温を一定に保つ働きをしていますが、夏は冷房・冬は暖房の環境で過ごしていると、体の温度調節機能が低下してしまします。汗をかくにもエネルギーが必要ですから、無駄な汗は体臭だけでなく夏ばての原因にもなります。生まれたときから汗をかかない生活をしていると汗をかきにくい体になって汗腺の機能が低下してしまいます。汗腺の機能が低下していると、たとえば夏にはかなり体温が上がってからでないと脳が反応しません。この反応した脳がだす指令で出る汗は大粒で且つ多い汗です。大粒の汗は蒸発しにくいので、体温をさげようとして更に汗をかきます。夏ばてに拍車をかけます。

汗腺トレーニングは汗っかき・多汗・大粒の汗・夏ばてを防ぐだけでなく、体臭予防対策にもなります。

注意)よい汗といっても汗ですから、放っておけば体臭のもとになってしまいます。

 - 体臭・加齢臭予防対策

PC用

PC用

  関連記事