健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

加齢臭の予防対策

体臭のひとつの加齢臭。加齢臭の原因はエイジングノートと呼ばれる中高年男性に特有とされるオヤジ臭とも呼ばれる40歳頃から臭いだす体臭成分のひとつです。加齢臭は女性にもあります。

加齢臭予防対策は生活習慣の改善です。脂肪過多の食事を控えて活性酸素対策をします。脂肪過多の食事やタンパク質偏食に気をつけて、野菜類に多く含まれる抗酸化食品を摂取して、タバコやアルコールを止める・控え、清潔な生活をしましょう。

加齢臭の原因

加齢臭(エイジングノート)の原因のノネナールは毛穴の皮脂腺から分泌される脂肪酸(バルミトオレイン酸)が酸化されたり、皮膚常在菌によって分解醗酵されて産生されるニオイ物質です。

男性は女性よりも皮脂の分泌が多いため、必然的にバルミトオレイン酸も多いです。加えて、40歳頃からバルミトオレイン酸の分泌が増えるため加齢臭とよばれるオヤジ臭が加速されます。また、活性酸素を除去するホルモン分泌が低下することで、増加した活性酸素がパルミトオレイン酸の酸化を促して、ますます加齢臭(オヤジ臭)に拍車がかかります。

加齢臭はオヤジ臭とも呼ばれるほど男性特有の体臭のようですが、加齢臭のもとのノネナールは女性にもあります。女性の方が男性よりも少ないこともありますが、女性ホルモンの酸化抑制の働き、まめな洗顔、臭いに敏感でデオドラント用品といった気遣いもあり、あまり周囲が気にならない状態になっているといえます。ただ、女性ホルモンの減少する更年期以降は女性ホルモンの恩恵を得ることができなくなりますから、女性も加齢臭に気をつけるのがよいようです。

加齢臭を予防する方法

清潔な皮膚と衣服
加齢臭の一番の予防対策は、清潔な生活です。皮膚と衣服を清潔に保ちます。皮膚表面の汚れや余分な脂肪分を石鹸などで洗い流します。特に夏など暑い季節には小まめに下着を変えて雑菌の増殖を抑えてください。また、スーツなどの洋服についた体臭や生活臭のニオイを放っておかずに、小まめにクリーニングなどのお手入れも大切です。

動物性脂肪を控える
動物性のタンパク質・脂質や乳製品を控えて、皮脂腺からの脂質の分泌を減らすような食事が加齢臭予防対策になります。日本人の脂肪摂取量は増加傾向にあります。脂質を摂りすぎは体臭だけでなくメタボリックシンドロームや大腸ガンの誘発因子です。

抗酸化作用のある食品を摂取
ビタミンC・ビタミンEを多く含む抗酸化作用のある食品を食べましょう。野菜類に多く含まれるポリフェノール抗酸化食品の摂取をしてください。

腸内環境を整える
腸内の悪玉菌が増えて腸内にアンモニアなどのニオイ物質が増えると、口から口臭として吐き出されたり、汗腺や皮脂腺から排出されてニオイをきつくするといわれています。腸年齢が増すほど腸内環境は悪くなります。

お酒(アルコール)を控える
飲酒は活性酸素を増やします。飲みすぎれば、そのまま酒臭として汗や口から放出されます。

禁煙します。喫煙を控える
ヤニ臭さは加齢臭の代表格のひとつです。タバコの煙自体に活性酸素を含むだけでなく、活性酸素が抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEを破壊します。

 - 体臭・加齢臭予防対策

PC用

PC用

  関連記事