健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

体臭と汗腺や皮脂線の関係

体臭とは口臭・便臭を除く全身から発する臭いの総称です。体臭の発生源は3つに大別できます。全身の皮膚にある汗腺(エクリン腺)からでる汗、腋の下に多い汗腺(アポクリン腺)からでる汗、皮脂腺からでる皮脂です。これらの組み合わせで体臭にも個人差がでてきます。

体臭の発生源の汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の汗は汗腺内では無臭ですが、皮膚の表面に出ると雑菌によって酸化されて臭いを発するようになります。
通常の皮膚表面は弱酸性ですが、大量の汗で皮膚表面はアルカリ性に傾きます。雑菌は酸性よりアルカリ性で繁殖しやすため、大量の汗をかくことは雑菌の繁殖が促されることになり体臭の原因になります。

エクリン腺
エクリン腺は、全身に分布する汗腺です。この汗腺からでる汗は体温調節して皮膚の乾燥を防ぐ重要な働きがあります。汗自体には臭いはありませんが、皮膚常在菌(雑菌)によって分解されて不快ないわゆる汗臭さ(体臭)の原因になります。

アポクリン腺
アポクリン腺は、腋の下や耳の中の外耳道など体の一部にある汗腺です。太古から受け継がれた異性を惹き付けるための働きがあるといわれています。

皮脂腺
皮脂腺からでる皮脂は皮膚を守る働きがあります。皮脂分泌が多すぎると体臭の原因になります。オヤジ臭とも呼ばれる加齢臭も皮脂腺からでる脂肪酸が原因です。

 - 体臭・加齢臭予防対策

PC用

PC用

  関連記事