健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

口臭の原因いろいろ

自分の口臭や他人の口臭が気になりますか?口臭の原因は様々です。口臭に対する意識が向上し、口臭の悩みで歯科医院を訪れる人が増えています。多くは生理的なものですが、虫歯や歯周病などの口腔内の病気、糖尿病などの体に病気によることもあります。

口臭のいろいろな原因

生理的口臭
生理的な口臭とは、生きていれば必ずある新陳代謝による臭いです。誰もが持っているもので本来なら気にならない臭いです。ただ、朝の起きたばかりの時や空腹時に口臭が強くなります。生理的口臭には、口の中の細菌や唾液の量(ドライマウス)が関係しています。

食事や嗜好品による口臭
臭いのある食べ物といえば、にんにく、にら、ねぎ、などです。たくあん、納豆、干物なども臭います。意外とにおいの強いものが、お酒とタバコです。

食べ物やお酒などの場合は、胃や腸などで消化吸収されたり、肝臓で分解されたりして臭い分子が血液に送り込まれます。全身を血液と一緒に臭いも巡り、肺から臭いが吐き出されます。これは口に残った臭いではないのでガムを噛んだり歯磨きをしてもなかなか消えませんが、時間が経てば消える口臭です。

口の中の病気による口臭
口の中の病気といえば、虫歯、歯周病、歯槽膿漏です。虫歯1本でもかなりの悪臭です。治療をすれば口の中の病気による口臭は消えます。舌苔も口臭の原因になります。ドライマウス(口腔乾燥症)は歯周病や虫歯の悪化させます。

体の病気による口臭
鼻の疾患、呼吸器の疾患、糖尿病、尿毒症、肝臓疾患などの体の病気が原因で口臭を引き起こすことがあります。
例えば、糖尿病の場合は甘酸っぱい果物のような臭いがします。

※口臭の雑学
本人だけが感じる口臭があります。心因性(精神的)の口臭です。自臭症とも呼ばれます。真の口臭ではなく他臭として勘違いしがちです。精神的・肉体的に不安定な思春期や更年期などに見られるそうです。口臭恐怖症など心療内科や精神科での治療が必要な場合もあります。

 - 口臭の原因と予防対策

PC用

PC用

  関連記事