健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

冷え性を改善する入浴方法

冷え性改善には入浴が効果的です。リラックス効果もある入浴で冷え性を改善しましょう。入浴方法は全身の入浴だけでなく足浴・半身浴・岩盤浴などもあります。入浴剤を利用するのもおすすめです。

せっかく冷え性解消に入浴しても湯冷めをしては逆効果です。入浴後は身体を冷やさないようにしましょう。

冷え性改善の入浴方法

ぬる目のお湯に長く入ることが基本になります。熱いお湯では長くつかることができませんから、体の表面だけがあたたまり体の深部まで温まりません。漫然とお風呂にはいるのではなく一工夫してください。

入浴後は身体が冷える前に身体や髪を乾かし、ソックスをはいたりして温まった体が冷えないようにしてください。

全身浴の前に足湯
入浴前に服を着たままで膝から下だけをお湯につけて10分間くらい温めてから全身の入浴をしてみてください。

お湯の温度
入浴するお湯の温度は38~40℃で5~7分程の入浴がよいといわれています。41℃以上の入浴での事故が多い傾向があるとの報告もありますから、適温の入浴で冷え性を改善することが大切です。

入浴剤を入れる
入浴剤を利用して温め効果を高めたりリラックス効果をた高めるのもよいですし、薬草浴もおすすめです。ハッカ・しょうぶ・どくだみ・よもぎなどの薬草を木綿袋に入れて湯に浮かべると湯冷めしにくいです。

湯ぶねで足の指をグーパー
入浴中は足の指を開いた閉じたりしてみるのも冷え性改善に効果的です。

半身浴
上半身をお湯からだして入浴する半身浴は冷え性改善入浴法の代表格です。心臓から遠い下半身をゆっくり温めることで全身の血行を促進させて身体を温めます。

温冷交代浴
熱いお湯の入浴はよくないといわれますが、温冷交代浴という入浴方法があります。熱い半身浴でお湯に十分入った後に手足に冷たい水をかけることを5回程繰り返します。お風呂の最後に足に冷たい水をかけるのもよいです。高温と低温で交互に刺激することで血管が拡張縮小を繰り返して血行が良くなります。冷たい水をかけることで温まった血管が収縮して身体の熱が逃げるのを防ぐサウナと同じ原理です。
温冷交代浴は高齢者や血圧が高めの人や心臓疾患のある人は避けてください。

 - 冷え性改善対策

PC用

PC用

  関連記事