健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

自律神経の乱れで冷え性

自律神経に乱れがあると冷え性になりやすく、冷え性の原因の多くが自律神経の乱れといわれています。血管が収縮しすぎて血流が滞り、特に手足まで十分な熱が行きわたらなければいわゆる末端冷え症という状態になってしまいます。

自律神経と冷え性の関係

交感神経と副交感神経からなる自律神経は、気温が上がると血管を拡げて血流をよくして、熱を体外に放出させます。気温が下がると血管を収縮させて血流を抑えて、熱が体外に逃げるのを防ぎます。自律神経の働きが乱れると血管が収縮しすぎて抹消まで十分な血液が行きわたらず冷え性になってしまいます。

自律神経失調症の前兆症状として身体の冷えが現れることが多いといわれています。不規則な生活や精神的ストレス、ホルモンのアンバランス、運動不足や栄養の偏りなどが自律神経の働きを乱す原因になるといわれています。
また温度差が大きい生活環境にあると自律神経の機能が追いつかなくなってしまいます。加えてエアコンの使用で自力で体温調節をする機能が低下することで、冬だけでなく夏でも冷え性で悩む人が増えています。

 - 冷え性改善対策

PC用

PC用

  関連記事