健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

冷え性の原因

冷え性の原因は抹消血管の血流が悪いことにあります。特に手足は心臓から遠いため血液循環が悪くなりやすく、末端冷え性ともよばれるように手や足に冷え性の症状がでやすくなります。冷え性の原因の血行不良は、自律神経の乱れ、ホルモンのアンバランス、低血圧、貧血などによるといわれています。

冷え性の原因は単独ではなく複数が絡み合って冷え性を引き起こしていることも少なくありません。冷え性の原因をつきとめて冷え性を改善しましょう。

あなたの冷え性はどのタイプ?

冷え性で多いのが自律神経の乱れが原因の冷え性といわれています。自律神経(交感神経と副交感神経)の調節がうまくいかずに血行が悪くなってしまいます。冷え性の症状のほかに、疲れやすい、疲れが取れなくて常にダルイ、すぐイライラする、寝付きが悪い、よく頭痛がする、肩こりで悩まされている、などもあれば自律神経の乱れが原因の冷え性の可能性があります。

冷えのぼせ(手足は冷たいのに顔がほてる)、生理が不順、汗をかきやすくなった、憂鬱になることがある、頻尿気味になった、などならば女性のホルモンバランスの乱れが原因の冷え性の可能性があります。

冷え性の症状のほかに、朝起きるのがつらい、胃腸が弱く下痢や便秘になりやすい、十分寝ているのに目のクマがある、立ちくらみをすることがある、運動不足、などならば低血圧が原因の冷え性の可能性があります。

冷え性の症状のほかに、顔色が悪く爪が白っぽい、偏食、肌荒れしやすい、ときどき耳鳴りがする、などならば貧血が原因の冷え性の可能性があります。

 - 冷え性改善対策

PC用

PC用

  関連記事