健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

脂質異常症と高脂血症

脂質異常症は2007年高脂血症が名称変更されたものです。総コレステロールが高脂血症の診断基準でしたが、名称変更された脂質異常症ではLDLコレステロール値・HDLコレステロール値・中性脂肪値が診断基準になりました。

善玉コレステロール(HDLコレステロール・HDL-C)が少ない場合または悪玉コレステロール(LDLコレステロール・LDL-C)が多い場合など脂質異常が問題になるわけです。かといってLDLコレステロールが今迄無視されていたわけではなく、LDLコレステロールが動脈硬化のリスク要因であることに変わりません。

脂質異常症の診断基準

脂質異常症は高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症・高中性脂肪血症に大別されますが、どのタイプも動脈硬化を促進します。最も問題になるのは悪玉LDLコレステロール値が高い場合です。

脂質異常症において悪玉LDLコレステロールと中性脂肪値の両方が高いケースが多く、この場合はさらに動脈硬化が早く進むため心血管疾患のリスクが増します。また、脂質異常症・高血圧・糖尿病の悪循環が動脈硬化を進行させますから、脂質異常症だけでなく高血圧や糖尿病の方は要注意です。

脂質異常症の予防は、まず生活習慣の改善をすることです。同じ脂質異常症でも、以前に血管障害が起きたことがある人、糖尿病・高血圧・肥満・たばこを吸う人、血縁者に動脈硬化性の病気の人がいる場合は、より積極的な治療が望まれます。脂質異常症の診断基準は次のとおりです。

LDLコレステロール
悪玉LDLコレステロール値が140mg/dL以上の場合、LDLコレステロール血症と診断されます。コレステロールの検査値の中で心血管疾患の絶対的な危険因子です。

HDLコレステロール
善玉HDLコレステロール値が40mg/dL未満の場合、低HDLコレステロール血症と診断されます。

中性脂肪
中性脂肪値が150mg/dL以上の場合、高中性脂肪血症(高トリグリセリド血症)と診断されます。内臓脂肪型肥満の人に多いとされています。

 - 肥満メタボ解消

PC用

PC用

  関連記事