健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

肥満遺伝子(倹約遺伝子)と浪費遺伝子

肥満遺伝子(倹約遺伝子)と浪費遺伝子をご存知ですか?肥満遺伝子(倹約遺伝子)を持っていると太りやすく、浪費遺伝子を持っていると痩せやすいといわれています。複数の肥満遺伝子が関与すると肥満の確率が高くなることが分かってきました。肥満遺伝子(倹約遺伝子)は飢餓の時代を生き抜くために脂肪を効率よく体内に蓄積させる遺伝子で、東洋人は肥満遺伝子(倹約遺伝子)を多く持っているとされています。浪費遺伝子はその逆で、エネルギー消費をしやすく、痩せやすく太りにくい遺伝子です。

肥満の原因は、「遺伝:環境=3:7」といわれています。親が太っていると子供も太りやすい、とよく言われるのは、生活環境が似ていることもありますが、遺伝体質が関係しています。この遺伝は、肥満体型が遺伝するのではなく、体脂肪を貯めやすい、エネルギー消費が少ない、などの太りやすい体質の遺伝です。

肥満遺伝子(倹約遺伝子)

β3アドレナリン受容体
肥満遺伝子(倹約遺伝子)の一つに「β3アドレナリン受容体」があります。日本人は3人中1人位にこの受容体の異常があって、正常な人に比して基礎代謝量が少ないそうです。そのため、正常な人と同じエネルギー摂取をしても、基礎代謝量が少ないため体脂肪が増えやすすく太りやすいです。

PPARγ遺伝子
肥満遺伝子(倹約遺伝子)に、脂肪細胞の肥大を起こす「PPARγ遺伝子」があります。日本人の96%がこの遺伝子を持っているそうです。肥大化した脂肪細胞は、最終的にアディポサイトカインというホルモンを分泌します。このホルモンがインスリン抵抗性などを作り出すため、この遺伝子を持っていると肥満になりやすく、糖尿病・高血圧などの生活習慣病になりやすい状態になります。

浪費遺伝子

肥満遺伝子がある一方で、浪費遺伝子といわれるUCP-3があります。
「ミトコンドリア脱共役タンパク質(UCP)」の一種です。肥満解消やダイエットに今後の研究に期待がかかっています。「痩せの大食い」って聞いたことがありませんか?浪費遺伝子が関係しているかもしれません。何もしなくても多くエネルギーを使います。そのため、痩せやすく太りにくいのです。無理に体重を増やそうとして食事量を増やすと脂肪が増えやすいので、体重を増やしたいならば運動で筋肉をつけるほうがよいです。

日本人の肥満遺伝子(倹約遺伝子)と浪費遺伝子を持つ割合

  • 日本人の34%が、200kcal基礎代謝が少なくなる肥満遺伝子(倹約遺伝子)の持ち主です。
  • 日本人の24%が、100kcal基礎代謝が少なくなる肥満遺伝子(倹約遺伝子)の持ち主です。
  • 日本人の16%が、200kcal基礎代謝が多くなる浪費遺伝子の持ち主です。

 - 肥満メタボ解消

PC用

PC用

  関連記事