健康117ナビ

身体の不調や悩みの解消方法、病気の原因症状治療予防などの健康総合情報サイトです。

メタボリックシンドロームとは

生活習慣病が重なるとそれぞれが軽症でも死の危険性が高まるそうです。メタボリック・シンドロームです。生活習慣病の代表格が内臓脂肪型肥満、脂質異常症、高血圧、糖尿病、動脈硬化で、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクファクターです。

よく耳にするメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の元凶は内臓脂肪の蓄積です。痩せていても要注意の内臓脂肪型肥満(りんご型肥満)です。メタボリックシンドロームの概念が確立された目的は「動脈硬化による循環器系の病気(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症など)を予防する」ことにあります。

メタボリックシンドロームかも?心当たりありませんか?

○体重の増加が進行中

○腹回りが大きくなってベルトの穴の位置が変わった(りんご型肥満になりつつある?既に?)

○健康診断で、

  • ・血圧が高めと言われた
  • ・糖尿病の疑いがあると言われた
  • ・中性脂肪が高いと言われた
  • ・善玉コレステロールが低いと言われた

○禁煙できない

内臓脂肪が引き起こす連鎖

内臓脂肪が蓄積すると、その脂肪細胞が出すアディポネクチンの分泌低下などが起きます。すると、血糖値を調節するインスリンに対する抵抗性が上昇します。そして、このインスリンの抵抗性が高まると、血糖値が高くなる耐糖能異常や血圧上昇、脂質代謝異常が引き起こされます。
つまり、内臓脂肪型肥満から、高血糖・高血圧・高脂血症が次々と連鎖して起きるのです。

メタボリックシンドロームが心血管疾患の発症リスクを高くする

メタボリックシンドロームの人は、そうでない人と比べて脳卒中や心筋梗塞など心血管疾患の発症が2~3倍も高いそうです。

メタボリックシンドロームの治療

メタボリックシンドロームの治療法は、先ず内臓肥満をなくすために運動療法と食事療法になります。運動は内臓脂肪を減らすのに有効です。生活習慣に大きく関係しているので、ライフスタイルを見直して症状の連鎖を断ち切ることが基本になります。

※メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の雑学
動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群を「メタボリックシンドローム」という概念のもとに統一しようとする世界的な流れがあり、日本においても、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が日本のメタボリックシンドロームの診断基準を纏め、2005年4月に公表しました。内蔵脂肪型肥満がいかにリスクの高い肥満かがうかがえます。2007年4月に日本動脈硬化学会は高脂血症を脂質異常症に名称変更し5年ぶりの診断基準の改訂をしました。診断基準の大きな変更点は、総コレステロール値が診断基準から外れたことです。総コレステロール値は善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の合計値ですが、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が高いために総コレステロールが高くなっている場合があったり、善玉HDLコレステロールは数値が低いほど悪い状態であるなどから、総コレステロールで診断するのは妥当ではなく、また高脂血症ではなく脂質異常症と呼ぶほうがふさわしいとされました。

 - 肥満メタボ解消

PC用

PC用

  関連記事